自己破産とは 期間 免責

自己破産とは期間免責

出典:www.beginner-binary.biz

債務整理の中でも最終手段となる自己破産。

今回は、自己破産の理解について詳しくご説明していきます。

今までの借金の全てが免責になるということで、一見とても魅力的な整理方法に思えますが、当然大きなデメリットもあります。

自己破産によるメリット・デメリットの両面をしっかり理解し、どうするか判断するようにしてください。

 

自己破産とは

まずは、自己破産がどのような手続きなのか、その特徴をまとめていきます。

 

裁判所で全ての債務を免除してもらう手続き

裁判所で支払いが不可能であると認められ、免責が許可されると、税金などを除く、全ての債務を支払う必要がなくなります。

 

一定以上の価値のある財産は手放すことになる

一定以上の価値のある財産は、お金に換金して債権者に配当されることとなります。

ただし、裁判所で定める基準を超えない財産(20万円以下の預貯金など)は、手元に残すことができます。

 

以上が、自己破産の主な特徴となります。

要は、多額の借金をしてしまい、債務者が支払い不能であると裁判所に認められた場合、全ての借金を帳消しし、返済の義務から解放されることになります。

支払い不能であることは、債務者の負債の額、収入、資産などの状況から総合的に判断されます。

 

自己破産のメリット・デメリット

続いて自己破産のメリットとデメリットをまとめておきます。

 

メリット

  1. 全ての債務の支払い義務が免除される
  2. 手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくな
  3. ある程度の財産は、手元に残すことができる

 

デメリット

  1. 借入が今後約5~10年間できなくなる(いわゆる「ブラックリスト」)
  2. 住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載される
  3. 免責決定を受けるまで、警備員や士業など一部の職業に就けなくなる

 

自己破産の手続きの流れ

 

相談・自己破産手続きの説明

基本的に債務整理は、専門の弁護士に依頼する形で進めていきます。

事務所で相談することができるので、このタイミングで疑問に思うことや不安な点は全て聞いておきましょう。

自己破産のデメリットや手続き費用、今後のスケジュールなどを決めていきます。

 

受任通知・債権調査

債権者に対して、受託通知及び債権調査へのご協力のお願いを発送します。

これで債権者からの取り立てがストップします。

 

破産申立に必要な書類準備

自己破産申立に必要な各種書類を揃えて、事務所に持って行きます。

 

自己破産申立

書類を元に自己破産の申立書を作成し、管轄の地方裁判所に提出します。

 

免責決定

免責が決定すると、今までの借金を全て返済する必要がなくなります。

 

自己破産で免責が決定するまでの流れがこのようになります。

ここまででだいたい3ヶ月~6ヶ月の期間がかかります。

思ったよりも免責が決定するまでに時間がかかるので、検討中の方は弁護士に相談だけでも早めに行っておいたほうがいいですね。

 

ただし!こんな場合は免責にならないので要注意

自己破産とは期間免責

出典:xn--lck0a4d753sy7i2vholc.net

ただ、自己破産の免責の申請しても、裁判所から認められない場合もあるので覚えておいてください。

例えば、『浪費やギャンブルが原因』の場合、破産法で免責不許可事由となっているため、自己破産が認められません。

また、『破産申立てにあたって、財産があるのに財産を隠したこと』も免責不許可事由となっています。

他にもいくつか免責不許可事由となる条件があるので、その点も含めて弁護士の方に相談してみるといいですね。

 

自己破産を検討中のあなたへ贈る一つのメッセージ

自己破産とは期間免責

出典:topicks.jp

ここまで自己破産についていろいろとお伝えしてきましたが、最後に一つだけメッセージを送りたいと思います。

それは、自己破産は本当に最後の手段であるということ。

今まで苦しめられた借金の返済から解放されると思うと、自己破産が魅力的に映るかもしれませんが、その分、デメリットもかなり大きいです。

ブラックリストに載っている期間、お金を借りることができないという実質的デメリットもそうですが、自己破産をした人というのは社会的信用を一気に失います。

もし、何かの拍子で自己破産をしていたことがバレてしまうと、『過去、自己破産をしていた人』というレッテルを貼られ、人間関係に影響してしまうこともあります。

可能であれば、任意整理や個人再生など、他の手段でコツコツ借金を返済していくという選択を選んだほうが良いので、今自己破産を検討している方はもう一度しっかり考えていただけると幸いです。

 

と言っても、自分一人でどうするべきか考えるのはなかなか難しいと思います。

なので、あなたと同じように借金で苦しんだ多くの人を救ってきている専門の弁護士の方に相談して、助言をもらってみてはどうですか?

こちらのアドバンスという事務所なら、初回30分の相談を無料で行ってくれるので、まずは気軽に自分の状況を話してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す