債務整理 注意点

債務整理注意点

出典:www.kuruma-sitadori.com

借金整理の常套手段となっている債務整理。

しかし、債務整理には以外と知られていない注意点がいくつかあります。

これを知らずに債務整理を行ってしまうと、思わぬトラブルに繋がりかねないので、しっかり覚えておきましょう。

 

債務整理をする上で絶対に知っておいてほしい4つの注意点

債務整理注意点

出典:www.dai-gaku.org

 

保証人の有無を確認する

借金をする際には必ず保証人(連帯保証人など)を要求されます。

この保証人とは、債務者本人が返済を怠った場合の保険なので、債務者本人が返済不能になれば、その後の返済は保証人の責任になります。

債務者本人が債務整理をすると、債務者本人が返済を怠ったということになるので、保証人に返済義務が生まれます。

しかも、この返済義務は分割ではなく、一括となり、保証人の大きな負担となります。

保証人がいるのであれば、相手に迷惑をかけないためにも必ず一緒に債務整理を行うようにしましょう。

 

口座振替にしていないか確認する

債務整理をすると、債権者である貸金業者に対する支払いはいったんストップとなります。

その間、『債務者に隠し財産がないか?』、『債務者がどれだけの借金を抱えているか?』などを調べる債務調査が行われます。

なので、債権者への返済を口座振替にしている人は、すぐに解除するようにしましょう。

口座を解除していないと、債務整理手続きをしたのにお金が引き落とされるという問題が発生するので、債務整理をする前に、使用していた銀行口座を解約するか、残高を0にするようにしておきましょう。

 

口座凍結に注意する

債権者が銀行の場合、債務整理をすると銀行口座が凍結され、預金を引き出すことができなくなります。

そのため、債務整理をする前に預金を引き出し、残高を0にしておきましょう。

債権者が銀行だと、支店を問わずに口座が凍結されるので、同じ銀行で違う支店の口座を複数持っている人は、必ず全ての口座から預金を引き出しておいて、口座を0にしておきましょう。

 

自己破産は本当の最終手段と心得る

“借金の義務から解放される”ということで、安直に自己破産を検討してしまいがちですが、その考え方は非常に危険です。

自己破産をすると、確かに借金の返済からは免れることができますが、同時に社会的信用を一切失ってしまいます。

金融機関からは一切信用してもらえなくなり、銀行口座の開設やクレジットカードの新規作成、金融機関からの借入ができなくなりますし、転職にも響き、仕事を見つけることが困難となる場合もあります。

借金から解放されるというのは、非常に魅力的に聞こえますが、その後、それ以上に辛い人生が待っている可能性もあるので、自己破産はあくまで最終手段で、なるべく他の手段で債務整理するようにしましょう。

 

借金で頭が回らなくなっているのなら・・

債務整理注意点

出典:any-stress.com

消費者金融やリボ払いの金額がかさんできて、借り入れたお金の支払いができず、毎月の返済でいっぱいいっぱいになってしまっている人もいるでしょう。

そのような状況になってしまったら、借金問題の法律に詳しい専門家に相談して、問題解決のきっかけを見つけることが一番です。

債務整理を行う際に、自分で何とかしようと思い、債権者と直接話し合いを行ってもスムーズに解決することは残念ながらほとんどありません。

時間と労力の無駄となって終わるので、個人でどうにかしようとすることはおすすめできません。

なるべく時間とリスクを抑えるためにも、司法書士や弁護士の方に相談し、間に立ってもらって解決することが一番の近道となるのです。

 

もちろん、司法書士や弁護士の方に相談するにはお金がかかるので、借金がある状態だと躊躇ってしまう気持ちはわかります。

ただ、中には無料で相談を行ってくれる事務所もあります。

こちらのアドバンスという事務所なら初回30分無料で相談を請け負ってくれます。

↓ ↓ ↓ ↓

 

また、このようにチャット形式で気軽に自分の状況を相談できるというのも魅力の一つ。

債務整理注意点

出典:http://advance-lpc.jp/

今まで借金のことを誰にも相談してこなかった人は、少々相談しづらいかと思いますが、チャット形式ということもあり、皆さん気軽に相談することができているようです。

借金がかさみ過ぎて、これから自分がどうしていくのがベストなのか悩んでいる人は、ぜひ一度こちらの事務所に相談してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

 

せっかく相談するならフルに活用したいので、一度自分の借金状況を把握してからのほうが良いです。

そうすれば、相手とのやり取りもスムーズに進みますし、無料の30分の内に有益なアドバイスを受けることができます。

そこで良さそうな方法が見つかれば、契約して借金を返済していきましょう。

諦めなければ必ず借金は返済できるので、まずは自分の状況を整理したり、専門家に相談するなど、行動することから始めていってください。

 

コメントを残す