債務整理 応じない

債務整理応じない

出典:saimuseiri-pro.com

上手くいけば、借金の金額を減らすことができる手段として有効な債務整理。

しかし、債務者の状況によっては債務整理に応じてくれない場合もあります。

いったいどのような状況だと、債務整理に応じてくれないのでしょうか?

その詳細を見ていきましょう。

 

そもそも債務整理に強制力はない

債務整理応じない

出典:repeat-ri.co.jp

債務整理の中で、まず最初に考えるべき手段が任意整理です。

任意整理は、過払い利息や将来に渡っての利息をカットし、元本の借金のみを分割して支払うことができる手続きですが、法律上の手続きではありません。

なので、債権者への強制力があるわけではないということを前提の知識として、頭に入れておいてください。

 

債務整理ができなかったり、応じてくれないケース

債務整理応じない

出典:yamikinsenshi.com

弁護士の方に債務整理の依頼をしても、応じてくれないケースもあります。

借金を全て帳消しとする自己破産であれば、ほとんどの弁護士が応じてくれるでしょうが、任意整理の場合は応じてくれないこともあります。

任意整理の場合、借金の元本そのものは返済しなくてはいけないので、債務者に返済能力がなければ、任意整理の依頼は断られてしまうことが多いでしょう。

債務者によっては、支払うあてもないのに、『自己破産するのは嫌だから、任意整理にしたい』という方もいます。

任意整理は、過去に払い過ぎた利息があれば、その分を差し引いて減額することができますが、借金自体を減らすことができるわけではありません。

債務者にちゃんとした収入があり、3〜5年で返済できる見込みがないと、任意整理では応じてくれないというのが現実でしょう。

 

任意整理を弁護士に依頼しても応じてくれないケース

債務整理応じない

出典:stg.pakutaso.com

任意整理で依頼を受けた弁護士は、成功報酬や減額報酬などの後払いで報酬を受け取るため、和解に成功する見込みのない債務者の依頼には応じない場合があります。

任意整理は、将来に渡っての利息や過去に渡ってのは過払い利息、借金の延滞により生じた遅延損害金などを交渉によって免除し、最初に借りた元本だけを分割して支払う手続きのことです。

なので、そもそも支払い能力がない人は、いくら任意整理で依頼しても、返済の見込みがないと判断され、断れてしまうのです。

例えばこのようなケースは任意整理に応じてくれないでしょう。

 

弁護士が任意整理に応じてくれないケース
Aさんは、現在合計7社の消費者金融やカード会社から合計650万円の借金を抱えています

借金の大半は、ここ数年で積み上がったもので、利息制限法を超える過払い利息は発生していません。

Aさんは、タクシー運転手をしており、月々の月収は手取りで17万円。

妻もいるため、生活費を差し引くと、借金に充てられるお金はせいぜい毎月2万円程度。

Aさんは、『自己破産はしたくない、少しづつでもちゃんと返済したい』と、任意整理を希望しますが、月々2万円の返済だと、1年間で36万円。

最大5年間返済したとしても180万円しか返済することができないことになります。

このように、現実的に見て、返済不可能な場合、任意整理を希望してもまず弁護士は依頼を受けてくれることはないでしょう。

 

債権者が債務整理に応じてくれない場合もある

債務整理応じない

出典:risutoranayami.net

任意整理は、法律上の制度ではなく、あくまでも弁護士と貸金業者側との任意交渉です。

そのため、貸金業者側は法律上、任意整理に応じる義務はありません。

もちろん、任意整理を断ることで、個人再生や自己破産になってしまうと、金融業者が回収できるお金が少なくなってしまうので、実際は任意整理に応じてくれる業者が大半です。

ただ、以下のようなケースに当てはまる場合、債権者が任意整理に応じてくれない場合があります。

  • 利息カットには応じるが、分割払いには応じない
  • 過払い利息分の免除には応じるが、将来利息のカットには応じない
  • 会社やグループの方針として、そもそも任意整理に応じていない
  • 取引開始からまだ一度も返済をしていないため、応じない
  • 取引開始からまだ日が浅いため、応じない

 

このように、任意整理は法律で決められている手続きではないので、どこまで交渉に応じて、どこまで交渉に応じないかは、各消費者金融や貸金業者によって異なります。

弁護士や司法書士のガイドラインでは、任意整理では『将来利息や遅延損害金、過払い利息はカット』、『残った借金を3年間で分割返済』という交渉の着地点が決まっていますが、必ずしも債権者が交渉に応じてくれるわけではないということは覚えておいてください。

 

任意整理を選びたいのであれば、しっかり返済能力を身につけましょう

債務整理応じない

出典:www.mediationweb.info

確かに、一生ローンを組むことができなくなる自己破産はなるべく選択したくないので、債権整理の中でも任意整理を選ぼうとする人が多いです。

任意整理は、借金自体を減らすというよりは、無駄に膨れてしまった借金を元の状態に戻すだけなので、そもそもの支払い能力がないと、依頼することはできません。

任意整理を希望するのであれば、まずは借金返済能力を身につけることが先決です。

 

コメントを残す