債務整理 ローン 組めない いつから

債務整理ローン組めないいつから

出典:www.bengo4.com

借金整理の手段の一つである債務整理。

借金の減額が見込めるという大きなメリットがある一方で、大きなデメリットもあります。

それは、一定の期間ローンが組めなくなってしまうということ。

車や家を購入する時、ローンを組むことができないとほとんどの人は購入することができないので、生活に大きく支障をきたす場合があります。

では、いったいどのくらいの期間ローンが組めなくなってしまうのでしょうか?

 

債務整理後、一定期間はローンを組むことができなくなります

車や住宅ローンなどの融資を行う金融期間では、過去の返済履歴や借入の記録、現在の収入状況に基づき審査を行います。

債務整理中は、借金返済完了後も債務整理の記録が信用情報機関の事故情報として記録されるので、一定の期間はローンを組めなくなってしまいます。

 

ローンを組めない期間は5年です

借り入れや債務整理の事故情報履歴登録は、債務整理後5年程度保存されます。

その期間の間は、ローン審査の対象にならないので、自動車ローンを組むことや住宅ローンを組むことはできなくなってしまいます。

 

逆に融資してくれる金融業者には注意が必要

逆に、債務整理5年以内にも関わらず融資してくれるという金融業者が現れた時には注意しましょう。

このような金融業者のローンは組まない、借り入れないよう注意してください。

 

債務整理後、ローンを組めなかった人の実際の声

債務整理ローン組めないいつから

出典:energiadeluz.com

 

任意整理が終わったことで、すべてが元に戻り、まっさらになったわけではありません。

任意整理は金融事故ですから、私の信用情報には5年間、事故情報が載ります。

もちろんローンやクレジットカードの審査が通りませんので、契約することができません。買い物や支払いはすべて現金での対応になります。借りたお金を返せなかったわけですから、当然のことです。

分かってはいたことですが、ローンを組んだり、クレジットで分割払いができなかったりというのは、生活するうえでかなり厳しいものがあります。

突然の出費や必要に迫られた高額商品の購入は、見送らなければなりません。お金が貯まるまでお預けです。

ネットのプロバイダー料金などは、毎月クレジットカード払いをしていましたが、現金になると年額を一括で支払わないと契約できません。

保険の分割払いも同様に現金は年額一括払いです。

このため、大きな出費がかさむ月が出てきます。これが思いのほか月々の生活を厳しくします。

お金を貯めて中古の安い車を手に入れましたが、ETCカードは契約できませんので、割高な高速料金を現金で支払っています。

友人を乗せているとETCカードを持っていないことを不思議に思われ、理由を聞かれますから、一般道を走るとき以外は他人を乗せないようにしています。

最近、クレジット会社のデビットカードを作りました。口座に現金が入っていないと使えないので、クレジットカードとは違いますが、ネットのショッピングには使えるので助かっています。

 

ETCカードを利用することができないという思わぬデメリットもあるようですね。

債務整理をしたことを友人にバラしたくはないと思いますので、生活の中で面倒なことが増えてくるということがわかるとおもいます。

 

ローンを組めるようになるのはいつから?

事故情報として記録される期間、つまり、5年間経てば再びローンを組むことができるようになります。

その時の収入状況に応じてローンが審査されます。

 

債務整理後ローンを組むための3つのポイント

 

職と収入の安定が審査のポイントに

審査の際に、金融期間が最も重視するポイントは、安定した職に就いているか、また、安定した収入を得ているかどうかということになります。

特に、車や住宅のローンは、長期間の返済ローンとなるので、融資を行う際の審査はより厳しくなります。

 

債務整理対象だった金融機関での再ローンは難しい

信用情報機関への事故情報登録は一定期間が過ぎれば削除されます。

しかし、債務整理の対象となった金融機関には、独自のデータベースが残っているので、当然事故情報も残っています。

そのため、同じ金融機関で再びローンを組むのは難しくなります。

 

審査基準は会社によって異なる

各ローン会社や金融機関では審査基準が異なります。

なので、金融会社やローン会社の審査をクリアできなくても、他の融資先を探してみることが大事です。

実際に、債務整理後、あるローン会社では審査が通らなかったものの、別のローン会社では審査が通ったという事例があります。

 

債務整理の利用はしっかり検討してからにしましょう

借金が減少するというメリットは確かに嬉しいですが、5年間ローンを組むことができないというのは、あなたが思っている以上に障害となります。

目先の利益に捉われず、どの借金整理を選択すればいいのか、しっかり検討した上で判断するようにしてくださいね。

 

コメントを残す