任意整理 アパート借りれる

任意整理アパート借りれる

出典:yamikinsenshi.com

任意整理などの債務整理を行った時に気になることの一つに、その後、アパートを借りれるかどうかということがあるかと思います。

新しく引っ越すことができなかったり、今住んでいるアパートの契約更新をすることができないとかなり困ってしまいますからね。

そこで、任意整理をした後、信用情報機関に事故登録されてしまってもアパートを借りることができるかということをお伝えしていきます。

 

任意整理をするとアパートを借りることはできないのでしょうか?

任意整理をする時に気になることの一つに、その後、アパートを借りることができるのかということが挙げられます。

このように、任意整理の際にアパートが借りれるのかどうか心配している人は多いようです。

任意整理してしまったら、アパートやマンションを賃貸することは難しいですか。

消費者金融3社のみ任意整理してブラックリストに載ってしまったら、一般の賃貸住宅を借りることは難しいでしょうか。
市営住宅は以前に申込をしたことがあるのですが、国民健康保険料や税金を滞納しているため入居できませんでした。

 

この方は、市営住宅に申し込みをした際に断られてしまったようですね。

実際のところどうなっているのでしょうか?

 

任意整理をすると

任意整理を行うと、利息をカットしたり、払いすぎている過払い金利の返還を請求することができるので、借金返済の負担を軽減することができます。

ただし、信用情報機関にブラックリストとして登録されるので、通常5〜10年間の間は、融資を受けることやローンを組むことができなくなってしまいます。

ということは、アパートの借り入れもできなくなってきてしまうのでしょうか?

 

実は不動産会社は信用情報機関ブラックリストを照会しない?

結論から言ってしまうと、任意整理をしてブラックリストに載っていたとしても、アパートを借りれなくなってしまうということはないので安心してください。

 

不動産会社が信用情報を参考にすることはない

任意整理後に信用情報機関のブラックリストに載ってしまいますが、これを見ることができるのは銀行やカードローン会社などの金融機関のみ。

不動産会社が参照することはありません。

なので、そもそもあなたがブラックリストに載っているということを不動産会社が知ることができないのです。

 

ただ、住宅ローンを組むことはできません

ただし、任意整理後、少なくとも5年間は住宅ローンなどのローンを組むことはできませんので注意してください。

ローンの貸し手である銀行や信用販売会社は、信用情報機関の情報を参照してローンの審査を行うので、住宅ローンを組む際はブラックリストに載っていることを知られてしまうためです。

 

ただし、アパート契約が厳しくなる場合も・・・

任意整理をしてもアパートを借りられなくなるというわけではありませんが、不利になる場合もあるので気をつけてください。

 

アパート賃貸の家賃がカード支払いの場合、通らない可能性もある

家賃の支払いがカード決済の場合、アパート契約の審査が通らない場合があります。

というよりも、決済に必要なカードの審査に通らないので、そういったアパートと契約することは難しいでしょう。

 

保証会社が信用情報を参照する可能性

最近だと不動産会社の約40%が賃貸契約の際に保証会社をつけることを要求するそうです。

家賃の保証会社にも様々なタイプがありますが、中でも信用販売系保証会社というのは、実態は金融機関なので、信用情報機関を参照することができ、ブラックリストに載っていることがばれてしまいます。

このタイプの保証会社に当たると、審査に通らない可能性も出てきます。

 

信用販売系保証会社の例

信用販売系保証会社の場合、与信力の判断の一つにクレジットカードを所有できるかどうかを一つの基準にしています。

 

信用販売系保証会社の例
  • オリエントコーポレーション
  • エポスカード
  • セディナ
  • セゾン
  • ライフ
  • アプラス
  • ジャック

 

信用情報を参考にしない保証会社もあるので大丈夫

信用販売系保証会社以外にもLICC加盟の保証会社やLGO加盟の保証会社というものもあります。

これらの保証会社は審査にあたって、金融機関の事故情報を参考にすることはないので、任意整理をしていたとしても問題なくアパートを借りることができます。

なので、任意整理をしているからと言って、アパートが借りれなくなるということはなく、探せば借りれるところは見つかるので安心してください。

 

まとめ

最後に内容をまとめると、任意整理をしたからと言ってアパートが借りれなくなるということはありません。

不動産会社は、信用情報機関を参照することはできないので、任意整理をしてブラックリストに載っている人の情報を知ることができないからです。

ただ、保証会社をつけることを要求される場合、中には信用情報機関を参照できる会社もあるので、その点だけ気をつけて、アパートを探してみてください。

 

コメントを残す