街角法律相談所の費用はいくら?評判や口コミをまとめてみた

街角法律相談所費用評判口コミ

街角法律相談所費用評判口コミ

月に1500人もの人が利用し、80%もの驚異の解決率を誇る人気の相談所である『街角法律相談所』。

このサイトを利用することで、非常に多くの人が借金問題が良い方向に働いているようなので、今も借金問題に悩んでいるのであれば、ぜひ利用してみてはどうでしょうか?

これから街角法律相談所を利用しようと思っている人のために、利用にあたっての費用や街角法律相談所の評判をこちらにまとめたので、参考にしてみてください。

街角法律相談所の特徴

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:www.tetuzuki.net

街角法律相談所の特徴は、何と言ってもこの3つ。

  • 匿名相談可
  • 回答はメールのみでOK
  • 相談は無料で24時間対応

 

『多額の借金をしている』ということはなかなか人に相談できないもの。

普通の法律相談所だと、実名+電話のやり取りor直接相談という場所が基本なので、自分の悩みを率直に打ち明けることができず、なかなか法律相談所に相談することができないという人がけっこういます。

 

しかし、街角法律相談所ならそんな心配も必要ありません。

街角法律相談所は、インターネットを通してのやり取りをメインとしているので、実名+電話のやり取りor直接相談といった相談形態ではなく、匿名+メールの回答のみという非常に相談のハードルが低いのが特徴です。

 

また、費用も無料

無料で24時間いつでも対応してくれているので、とりあえず相談するだけならメリットしかありません。

無料で相談するだけで借金問題を軽減してくれる可能性があるとなれば、もう相談してみるしかありませんよね?

 

街角法律相談所はどう活用すればいいの?

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:tate-maga.tateru.co

街角法律相談所は、あなたが今もっている悩みに合わせて最善の相談先を紹介してくれるサイトです。

また、今もっている悩みの回答も得られるので、とにかく借金に関して少しでも悩んでいるのであれば、一度活用してみることをおすすめします。

借金問題は、

  • 任意整理
  • 過払い請求
  • 個人再生
  • 自己破産

など、素人にはわからないことが多いのが現実。

あれこれ一人で悩みを抱えるよりも、一度プロに相談して、これからどうすべきかのアドバイスをもらうことが一番の解決策と言えます。

 

相談の際の手順を解説

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:yakujihou-marketing.net

実際にどのように悩みを相談していくのか、その手順を解説していきますね。

 

街角法律相談所のサイトに移動し、『無料診断を始める』をクリック

街角法律相談所のサイトにアクセスしたら、以下のような『無料診断を始める』のようなボタンがあるので、そちらをクリック。

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:http://xn--p8jvb5b4a3ko43ro04bur2c4zd.com/

 

借り入れ状況を入力

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:http://xn--p8jvb5b4a3ko43ro04bur2c4zd.com/

続いて自身の借り入れ状況を入力していきます。

  • お名前(ニックネーム可)
  • お住まいの都道府県
  • 借入件数・総額
  • 毎次の返済額

を入力し、『次へ』ボタンをクリックします。

 

相談内容をチェックする

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:http://xn--p8jvb5b4a3ko43ro04bur2c4zd.com/

こちらの画面になりますので、相談したい項目にチェックを入れていきます。

 

具体的な質問事項を入力

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:http://xn--p8jvb5b4a3ko43ro04bur2c4zd.com/

続いてこちらの画面になるので、

  • 電話番号
  • メールアドレス

を入力し、自分が聞きたい具体的な質問事項を入力します。

 

ご自身に合う相談先が表示される

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:http://xn--p8jvb5b4a3ko43ro04bur2c4zd.com/

すると、すぐにあなたのお悩みを解決するのにベストな弁護士事務所が提示されます。

 

街角法律相談所からメールが届く

登録が正常に終了すると、街角法律相談所からメールが届きます。

また、あなたの条件に適した事務所から質問の回答も得られるので、今持っている悩みも解決してくれるはずですよ。

 

 

街角法律相談所の評判や口コミ

 

40代 男性

わたしは8年以上複数の消費者金融からお金を借りていました。
借りては返してを繰り返していたので、過払い金があるのでは?と思い、過払い請求をしようと決めました。

法律のことは全くわからなかったので、友人に勧められた街角法律事務所に連絡してみました。
電話で無料相談にのって頂くと、過払い請求に強く比較的近所の法律事務所を紹介していただきました。

大船に乗ったつもりでお任せしていると、200万円近くも戻ってくることになりました!
過払い金があることは確信していたのですが、こんなに戻ってくるとは!という感じでした。

過払い金請求は、『返済義務のなかったお金を取り戻す』というメリットもありますが、実は『ブラックリストに載らないようにする』というメリットもあります。
とういうのも返金された金を返済にまわす事ができるので、滞りなく返金することができます。
返金が滞らなければ、信用情報機関にブラックリストに載ることもありません。

借金の額も少なくなります。過払い金は、本来は払う必要のないお金です。
長年借金を返済していた経験のある人は、やっておいたほうがいいと思いますよ。

 

30代 女性

債務整理は場合によって弁護士費用のほうが高くつくので、弁護士のほうから断られることもあると聞きました。
なので一旦、街角法律事務所に相談して自分が債務整理する場合、どのようになるのかおいたほうがいいと思いました。

無料シュミレーションをしてみて、流れや費用がざっくり把握できたのでやっぱりやってよかったです。

法律相談をする際は、相談内容や最終的には自分がどうしたいか?
事前に聞きたいことを箇条書きなどで知りたいこと、聞きたいことなどをメモしておくなどすると、時間が有効に使えます。

最初から弁護士さんに相談すると無駄に沢山費用がかかってしまいます。
そういう意味でもこういうサイトはとても便利だと思いました。

 

30代 男性

私は借金が嫌いで住宅ローン以外ローンは組みませんでした。
でも親が借金をしていたようで、亡くなった数年後に消費者金融から返済請求が届くようになりました。
自分が作った借金ではないのでどうしたらいいのか?支払い義務はあるのか?街角法律相談所に相談したら、杉山事務所が最適との事でした。

街角法律相談所はメリットやデメリットも丁寧に教えてくれますし、自分の債務状況に合った事務所を紹介してくれました。
口コミや評判がいいのがわかった気がします。
結局、杉山事務所に自己破産を勧められ手続きを行い、返済請求が届くことはなくなりました。安心して相談できる法律事務所に出会えて本当に安心しました。

 

ご利用はこちらから

街角法律相談所費用評判口コミ

出典:www.prov-co.com

街角法律相談所は、あなたの悩みに合わせて最善の解決策を提示してくれるサービスなので、今借金に関する悩みを抱えているのであれば、ぜひ一度利用してみることをおすすめします。

相談するだけなら無料なので、まずは一歩行動してみてくださいね。

 

 

自己破産とは?免責までの期間はどのくらいかかる?

自己破産とは期間免責

自己破産とは期間免責

出典:www.beginner-binary.biz

債務整理の中でも最終手段となる自己破産。

今回は、自己破産の理解について詳しくご説明していきます。

今までの借金の全てが免責になるということで、一見とても魅力的な整理方法に思えますが、当然大きなデメリットもあります。

自己破産によるメリット・デメリットの両面をしっかり理解し、どうするか判断するようにしてください。

 

自己破産とは

まずは、自己破産がどのような手続きなのか、その特徴をまとめていきます。

 

裁判所で全ての債務を免除してもらう手続き

裁判所で支払いが不可能であると認められ、免責が許可されると、税金などを除く、全ての債務を支払う必要がなくなります。

 

一定以上の価値のある財産は手放すことになる

一定以上の価値のある財産は、お金に換金して債権者に配当されることとなります。

ただし、裁判所で定める基準を超えない財産(20万円以下の預貯金など)は、手元に残すことができます。

 

以上が、自己破産の主な特徴となります。

要は、多額の借金をしてしまい、債務者が支払い不能であると裁判所に認められた場合、全ての借金を帳消しし、返済の義務から解放されることになります。

支払い不能であることは、債務者の負債の額、収入、資産などの状況から総合的に判断されます。

 

自己破産のメリット・デメリット

続いて自己破産のメリットとデメリットをまとめておきます。

 

メリット

  1. 全ての債務の支払い義務が免除される
  2. 手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくな
  3. ある程度の財産は、手元に残すことができる

 

デメリット

  1. 借入が今後約5~10年間できなくなる(いわゆる「ブラックリスト」)
  2. 住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載される
  3. 免責決定を受けるまで、警備員や士業など一部の職業に就けなくなる

 

自己破産の手続きの流れ

 

相談・自己破産手続きの説明

基本的に債務整理は、専門の弁護士に依頼する形で進めていきます。

事務所で相談することができるので、このタイミングで疑問に思うことや不安な点は全て聞いておきましょう。

自己破産のデメリットや手続き費用、今後のスケジュールなどを決めていきます。

 

受任通知・債権調査

債権者に対して、受託通知及び債権調査へのご協力のお願いを発送します。

これで債権者からの取り立てがストップします。

 

破産申立に必要な書類準備

自己破産申立に必要な各種書類を揃えて、事務所に持って行きます。

 

自己破産申立

書類を元に自己破産の申立書を作成し、管轄の地方裁判所に提出します。

 

免責決定

免責が決定すると、今までの借金を全て返済する必要がなくなります。

 

自己破産で免責が決定するまでの流れがこのようになります。

ここまででだいたい3ヶ月~6ヶ月の期間がかかります。

思ったよりも免責が決定するまでに時間がかかるので、検討中の方は弁護士に相談だけでも早めに行っておいたほうがいいですね。

 

ただし!こんな場合は免責にならないので要注意

自己破産とは期間免責

出典:xn--lck0a4d753sy7i2vholc.net

ただ、自己破産の免責の申請しても、裁判所から認められない場合もあるので覚えておいてください。

例えば、『浪費やギャンブルが原因』の場合、破産法で免責不許可事由となっているため、自己破産が認められません。

また、『破産申立てにあたって、財産があるのに財産を隠したこと』も免責不許可事由となっています。

他にもいくつか免責不許可事由となる条件があるので、その点も含めて弁護士の方に相談してみるといいですね。

 

自己破産を検討中のあなたへ贈る一つのメッセージ

自己破産とは期間免責

出典:topicks.jp

ここまで自己破産についていろいろとお伝えしてきましたが、最後に一つだけメッセージを送りたいと思います。

それは、自己破産は本当に最後の手段であるということ。

今まで苦しめられた借金の返済から解放されると思うと、自己破産が魅力的に映るかもしれませんが、その分、デメリットもかなり大きいです。

ブラックリストに載っている期間、お金を借りることができないという実質的デメリットもそうですが、自己破産をした人というのは社会的信用を一気に失います。

もし、何かの拍子で自己破産をしていたことがバレてしまうと、『過去、自己破産をしていた人』というレッテルを貼られ、人間関係に影響してしまうこともあります。

可能であれば、任意整理や個人再生など、他の手段でコツコツ借金を返済していくという選択を選んだほうが良いので、今自己破産を検討している方はもう一度しっかり考えていただけると幸いです。

 

と言っても、自分一人でどうするべきか考えるのはなかなか難しいと思います。

なので、あなたと同じように借金で苦しんだ多くの人を救ってきている専門の弁護士の方に相談して、助言をもらってみてはどうですか?

こちらのアドバンスという事務所なら、初回30分の相談を無料で行ってくれるので、まずは気軽に自分の状況を話してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

債務整理後ブラックの期間は?ブラックにならない方法もあるという噂が・・

債務整理ブラックにならないブラックの期間

債務整理ブラックにならないブラックの期間

出典:www.yomiuri.co.jp

債務整理を行うと、俗に言う”ブラックリストに載る”ことになります。

ブラックリストに載ってしまうと、ローンを組めなくなりますし、カードの審査も下りなくなるので、何かと不都合なことが多くなってしまうでしょう。

ただ、『債務整理をしてもブラックにならない場合もある』という噂もあるようですが、真実はどうなのでしょうか?

 

債務整理をしてもブラックにならない場合もある?

どうやら、債務整理の中の任意整理であれば、ブラックリストには載らないという情報が出回っているようです。

任意整理がブラックにならない??
知恵袋の中でみかけました…ブラック、いわゆる信用情報には任意整理でも載るしダメだと思うのですが…
今年(今年度?)になって掲載期間が5年になったとか、任意整理でも区分が変更になってブラックにはならないとかあるのですが…ほんとなんですかね??

主人名義での借入がありますが、実際は主人が借入したものではなく…ただ支払い義務がきそうなんで誰かの代わりにブラックになる形になるので、もしこの情報が本当ならば少し救われた気分になったので質問しました。

が、ガセっぽいですよね??

 

任意整理でも確実にブラックリストには載ります

残念ながら、先ほどの情報はガセで、任意整理の場合でもブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載る期間としては、自分がどの債務整理を選んだかにより変わってきます。

  • 任意整理・・・完済から5年前後
  • 個人再生・・・完済から5年前後
  • 自己破産・・・免責確定から5年程度

あくまで目安ですが、このようになっています。

一番多く選ばれる任意整理であれば、ブラックリストに載る期間は、完済から5年前後

この期間を過ぎれば、一応問題なく、ローンを組んだり、新しくクレジットカードを作ることができるようになります。

 

ブラックリストに載ると社会生活上とんでもない不利益を被ることになる!?

ブラックリストに載ると、不当に解雇処分を受けたり、賃貸アパートを追い出されてしまうといった、社会生活上とんでもない不利益を被ることになるという噂もあるそうですが、ブラックリストに載ったとしもそこまでの不利益を被ることはないので安心してください。

ただ、もちろんブラックリストに載ることで受ける不利益もあります。

いったいどんな不利益を被ることになるのか、詳細を見ていきましょう。

 

ブラックリストに載るとこんなデメリットが

ブラックリストに載る主なデメリットがこちらです。

  • お金を借りることができない
  • ローンやクレジットを組むことができない
  • クレジットカードを新規に作ることができない

 

要は、新たにお金を借りることができないということになります。

 

実際にこのような不利益を被ることとなります。

 

新たな借金ができなくなる

金融機関(銀行、消費者金融、クレジット会社など)から新たにお金を借り入れることができなくなります。

 

クレジットカードを作ることができなくなる

クレジットカードを新たに作ることができなくなる上に、現在持っているクレジットカードの返却を求められ、利用することができなくなります。

ただ、返済が遅れていないカードに関しては、続けて利用することができるケースもありますが、クレジットカード会社によって対応は異なるようです。

 

ETCカードが使えなくなる

ETCカードを利用することができなくなります。

 

新規アパート契約ができない場合がある

家賃がクレジットカード支払いの場合、クレジットカード会社の審査を通すので、新規アパートを契約することができなくなる場合があります。

現金払いの場合、特に問題はありません。

詳しくはこちらをどうぞ。

>> 任意整理の後ブラックリストに載ってもアパートは借りれる?

 

ローンを組むことができなくなる

ローンを組んでの購入ができなくなるので、車や自宅を購入することはほとんどできなくなってしまいます。

 

ブラックリストに載っても普通の生活をすることはできる

ブラックリストに載ることのデメリットをもう一度まとめると、

  • 借金ができない
  • 一定の経済的信用を利用できなくなる

ということになります。

具体的な問題点としては、上記で示した通りなので、それらの問題が気にならないという方は、ブラックリストに載ったとしても特に問題なく、普段通りの生活を過ごすことができます。

 

なので、無駄な金利を払いたくない人や過払い金の請求をして、借金返済の負担を軽減したいという人は、債務整理を選択してもいいかもしれませんね。

債務整理は、通常専門の弁護士に依頼して行います。

こちらのアドバンスという弁護士なら、初回30分の相談を無料で請け負ってくれるので、債務整理をしようかどうか迷っている人にはとてもおすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓

 

このようにチャット形式で気軽に質問することができます。

債務整理ブラックにならないブラックの期間

 

まずは自分の状況を弁護士に伝えて、これからどうするかの指示を仰いでみてはどうですか?

↓ ↓ ↓ ↓

 

任意整理の後ブラックリストに載ってもアパートは借りれる?

任意整理アパート借りれる

任意整理アパート借りれる

出典:yamikinsenshi.com

任意整理などの債務整理を行った時に気になることの一つに、その後、アパートを借りれるかどうかということがあるかと思います。

新しく引っ越すことができなかったり、今住んでいるアパートの契約更新をすることができないとかなり困ってしまいますからね。

そこで、任意整理をした後、信用情報機関に事故登録されてしまってもアパートを借りることができるかということをお伝えしていきます。

 

任意整理をするとアパートを借りることはできないのでしょうか?

任意整理をする時に気になることの一つに、その後、アパートを借りることができるのかということが挙げられます。

このように、任意整理の際にアパートが借りれるのかどうか心配している人は多いようです。

任意整理してしまったら、アパートやマンションを賃貸することは難しいですか。

消費者金融3社のみ任意整理してブラックリストに載ってしまったら、一般の賃貸住宅を借りることは難しいでしょうか。
市営住宅は以前に申込をしたことがあるのですが、国民健康保険料や税金を滞納しているため入居できませんでした。

 

この方は、市営住宅に申し込みをした際に断られてしまったようですね。

実際のところどうなっているのでしょうか?

 

任意整理をすると

任意整理を行うと、利息をカットしたり、払いすぎている過払い金利の返還を請求することができるので、借金返済の負担を軽減することができます。

ただし、信用情報機関にブラックリストとして登録されるので、通常5〜10年間の間は、融資を受けることやローンを組むことができなくなってしまいます。

ということは、アパートの借り入れもできなくなってきてしまうのでしょうか?

 

実は不動産会社は信用情報機関ブラックリストを照会しない?

結論から言ってしまうと、任意整理をしてブラックリストに載っていたとしても、アパートを借りれなくなってしまうということはないので安心してください。

 

不動産会社が信用情報を参考にすることはない

任意整理後に信用情報機関のブラックリストに載ってしまいますが、これを見ることができるのは銀行やカードローン会社などの金融機関のみ。

不動産会社が参照することはありません。

なので、そもそもあなたがブラックリストに載っているということを不動産会社が知ることができないのです。

 

ただ、住宅ローンを組むことはできません

ただし、任意整理後、少なくとも5年間は住宅ローンなどのローンを組むことはできませんので注意してください。

ローンの貸し手である銀行や信用販売会社は、信用情報機関の情報を参照してローンの審査を行うので、住宅ローンを組む際はブラックリストに載っていることを知られてしまうためです。

 

ただし、アパート契約が厳しくなる場合も・・・

任意整理をしてもアパートを借りられなくなるというわけではありませんが、不利になる場合もあるので気をつけてください。

 

アパート賃貸の家賃がカード支払いの場合、通らない可能性もある

家賃の支払いがカード決済の場合、アパート契約の審査が通らない場合があります。

というよりも、決済に必要なカードの審査に通らないので、そういったアパートと契約することは難しいでしょう。

 

保証会社が信用情報を参照する可能性

最近だと不動産会社の約40%が賃貸契約の際に保証会社をつけることを要求するそうです。

家賃の保証会社にも様々なタイプがありますが、中でも信用販売系保証会社というのは、実態は金融機関なので、信用情報機関を参照することができ、ブラックリストに載っていることがばれてしまいます。

このタイプの保証会社に当たると、審査に通らない可能性も出てきます。

 

信用販売系保証会社の例

信用販売系保証会社の場合、与信力の判断の一つにクレジットカードを所有できるかどうかを一つの基準にしています。

 

信用販売系保証会社の例
  • オリエントコーポレーション
  • エポスカード
  • セディナ
  • セゾン
  • ライフ
  • アプラス
  • ジャック

 

信用情報を参考にしない保証会社もあるので大丈夫

信用販売系保証会社以外にもLICC加盟の保証会社やLGO加盟の保証会社というものもあります。

これらの保証会社は審査にあたって、金融機関の事故情報を参考にすることはないので、任意整理をしていたとしても問題なくアパートを借りることができます。

なので、任意整理をしているからと言って、アパートが借りれなくなるということはなく、探せば借りれるところは見つかるので安心してください。

 

まとめ

最後に内容をまとめると、任意整理をしたからと言ってアパートが借りれなくなるということはありません。

不動産会社は、信用情報機関を参照することはできないので、任意整理をしてブラックリストに載っている人の情報を知ることができないからです。

ただ、保証会社をつけることを要求される場合、中には信用情報機関を参照できる会社もあるので、その点だけ気をつけて、アパートを探してみてください。

 

こんな状況だと債務整理に応じてくれないから気をつけて

債務整理応じない

債務整理応じない

出典:saimuseiri-pro.com

上手くいけば、借金の金額を減らすことができる手段として有効な債務整理。

しかし、債務者の状況によっては債務整理に応じてくれない場合もあります。

いったいどのような状況だと、債務整理に応じてくれないのでしょうか?

その詳細を見ていきましょう。

 

そもそも債務整理に強制力はない

債務整理応じない

出典:repeat-ri.co.jp

債務整理の中で、まず最初に考えるべき手段が任意整理です。

任意整理は、過払い利息や将来に渡っての利息をカットし、元本の借金のみを分割して支払うことができる手続きですが、法律上の手続きではありません。

なので、債権者への強制力があるわけではないということを前提の知識として、頭に入れておいてください。

 

債務整理ができなかったり、応じてくれないケース

債務整理応じない

出典:yamikinsenshi.com

弁護士の方に債務整理の依頼をしても、応じてくれないケースもあります。

借金を全て帳消しとする自己破産であれば、ほとんどの弁護士が応じてくれるでしょうが、任意整理の場合は応じてくれないこともあります。

任意整理の場合、借金の元本そのものは返済しなくてはいけないので、債務者に返済能力がなければ、任意整理の依頼は断られてしまうことが多いでしょう。

債務者によっては、支払うあてもないのに、『自己破産するのは嫌だから、任意整理にしたい』という方もいます。

任意整理は、過去に払い過ぎた利息があれば、その分を差し引いて減額することができますが、借金自体を減らすことができるわけではありません。

債務者にちゃんとした収入があり、3〜5年で返済できる見込みがないと、任意整理では応じてくれないというのが現実でしょう。

 

任意整理を弁護士に依頼しても応じてくれないケース

債務整理応じない

出典:stg.pakutaso.com

任意整理で依頼を受けた弁護士は、成功報酬や減額報酬などの後払いで報酬を受け取るため、和解に成功する見込みのない債務者の依頼には応じない場合があります。

任意整理は、将来に渡っての利息や過去に渡ってのは過払い利息、借金の延滞により生じた遅延損害金などを交渉によって免除し、最初に借りた元本だけを分割して支払う手続きのことです。

なので、そもそも支払い能力がない人は、いくら任意整理で依頼しても、返済の見込みがないと判断され、断れてしまうのです。

例えばこのようなケースは任意整理に応じてくれないでしょう。

 

弁護士が任意整理に応じてくれないケース
Aさんは、現在合計7社の消費者金融やカード会社から合計650万円の借金を抱えています

借金の大半は、ここ数年で積み上がったもので、利息制限法を超える過払い利息は発生していません。

Aさんは、タクシー運転手をしており、月々の月収は手取りで17万円。

妻もいるため、生活費を差し引くと、借金に充てられるお金はせいぜい毎月2万円程度。

Aさんは、『自己破産はしたくない、少しづつでもちゃんと返済したい』と、任意整理を希望しますが、月々2万円の返済だと、1年間で36万円。

最大5年間返済したとしても180万円しか返済することができないことになります。

このように、現実的に見て、返済不可能な場合、任意整理を希望してもまず弁護士は依頼を受けてくれることはないでしょう。

 

債権者が債務整理に応じてくれない場合もある

債務整理応じない

出典:risutoranayami.net

任意整理は、法律上の制度ではなく、あくまでも弁護士と貸金業者側との任意交渉です。

そのため、貸金業者側は法律上、任意整理に応じる義務はありません。

もちろん、任意整理を断ることで、個人再生や自己破産になってしまうと、金融業者が回収できるお金が少なくなってしまうので、実際は任意整理に応じてくれる業者が大半です。

ただ、以下のようなケースに当てはまる場合、債権者が任意整理に応じてくれない場合があります。

  • 利息カットには応じるが、分割払いには応じない
  • 過払い利息分の免除には応じるが、将来利息のカットには応じない
  • 会社やグループの方針として、そもそも任意整理に応じていない
  • 取引開始からまだ一度も返済をしていないため、応じない
  • 取引開始からまだ日が浅いため、応じない

 

このように、任意整理は法律で決められている手続きではないので、どこまで交渉に応じて、どこまで交渉に応じないかは、各消費者金融や貸金業者によって異なります。

弁護士や司法書士のガイドラインでは、任意整理では『将来利息や遅延損害金、過払い利息はカット』、『残った借金を3年間で分割返済』という交渉の着地点が決まっていますが、必ずしも債権者が交渉に応じてくれるわけではないということは覚えておいてください。

 

任意整理を選びたいのであれば、しっかり返済能力を身につけましょう

債務整理応じない

出典:www.mediationweb.info

確かに、一生ローンを組むことができなくなる自己破産はなるべく選択したくないので、債権整理の中でも任意整理を選ぼうとする人が多いです。

任意整理は、借金自体を減らすというよりは、無駄に膨れてしまった借金を元の状態に戻すだけなので、そもそもの支払い能力がないと、依頼することはできません。

任意整理を希望するのであれば、まずは借金返済能力を身につけることが先決です。

 

債務整理は悪徳弁護士に要注意!悪徳弁護士を見極める5つのポイント

債務整理 悪徳弁護士

債務整理 悪徳弁護士

出典:cp-guide.com

債務整理を行う際、専門の弁護士に依頼すると思いますが、どの弁護士に依頼するかはしっかり考えなければなりません。

中には、依頼者のことをあまり考えずに、金儲けのためだけに仕事をしている悪徳弁護士もいます。

そんな人に債務整理を頼んでしまうと、なかなか問題も解決しない上に、通常の費用よりも多くとられてしまうケースがあるので、弁護士を選ぶ際は慎重になりましょう。

弁護士選びの際に迷うことがないよう、悪徳弁護士を見極めるポイントをお伝えするので、これから弁護士を選ぶ人は一度チェックしておきましょう。

 

悪質な弁護士の実態

債務整理 悪徳弁護士

出典:www.cinemacafe.net

悪徳弁護士とはどのような弁護士のことを指すのでしょう?

悪徳弁護士とは、依頼者の生活再建を目的とせず、いわゆる”金儲け”を最優先に債務整理を手がける事務所のことを言います。

  • 弁護士が一度も直接面談しない
  • 報酬規程を作っていない
  • 費用の後払い・分割払いを認めない
  • 取引履歴や引直計算書のコピーが欲しいと頼んでも渡してくれない
  • 進行状況を聞いても2週間以上連絡がない
  • 債務整理を依頼したのに、過払金の回収しか行わない
  • 依頼者の承諾なしに勝手に業者と和解を進める
  • 提訴を頼んでも減額和解しか行おうとしない
  • 業者との和解書のコピーを渡してくれない
  • 過払金の入金日を聞いても教えてくれない
  • 過払金を回収しているのに、「途中だから」と過払金を返してくれない
  • 過払金の回収額、費用、実費の明細書を出さない

これらの項目に当てはまっていれば、それは悪徳弁護士である可能性が高いので注意しましょう。

 

悪徳弁護士を見分ける5つのポイント

債務整理 悪徳弁護士

出典:bengoshihoken-mikata.jp

 

NPOや認可団体など、もっともらしい名前ではないか?

法律事務を行い、対価としてお金を受け取ることができるのは、弁護士か行政書士のみ。

当然、債務整理も弁護士か行政書士以外が行うことはできません。

また、法律事務所を名乗れるのも弁護士のみで、NPOや認可団体でもっともらしい名前がついていても、法律事務を扱うことはできません。

ただ、一部広告規制をすり抜けてNPOなどを利用しているNPOや認可団体の弁護士もいるので、注意しましょう。

 

事務所案内や弁護士の経歴が詳しく記載されているか?

先ほども述べた通り、弁護士以外が法律事務を扱うことはできません。

『◯◯◯の会』や『カウンセラー』などの肩書きを名乗っている事務所はかなり怪しいので、疑ってください。

 

債務整理の料金、各弁護士費用がしっかり記載されているか?

  • 債務整理の料金がなどの各弁護士費用が記載されていない
  • 表示してあってもわかりにくく、誤魔化している
  • 高額な費用をあなたかも安いように見せている

このような事務所も悪徳弁護士の可能性が高いので、注意が必要です。

また、

  • 債務整理の依頼時に報酬見積や受任契約書を作成しない
  • 弁護士費用の最終清算時に費用を明確にしない

これらの弁護士も気をつけてください。

 

債務整理の手続きで特定の方法しか推奨してこない

支払い能力がないにも関わらず、長期分割の任意整理で無理矢理、任意分解をしたり、特定調和を推奨し、手続きは全て本人に任せるなどのケースもあるそうです。

債務整理には様々な方法がありますが、その中の特定の手続きに固執し、奨めてくる弁護士は危険です。

どの債務整理を選ぶかによって、自身が大変な不利益を被る場合もあるので、決定には慎重にならなければなりません。

それを特定の手段しか奨めてこないとなると、悪徳弁護士の可能性が高いと考えられます。

 

弁護士が直接会おうしない

依頼した弁護士の方とは直接お会いすることはできたでしょうか?

中には、事務所の事務員がほとんど対応するという所もあるそうですが、基本的には弁護士が依頼人と直接会うことなく債務整理を行うことは禁止されています。

弁護士に依頼し、債務整理を行う段階になってもまだ弁護士の方に直接会ったことがないのであれば、悪徳弁護士であることを疑いましょう。

 

悪徳弁護士に依頼してしまったら・・

債務整理 悪徳弁護士

出典:www.pakutaso.com

上記でお伝えしたポイントに引っかかる悪徳弁護士にすでに依頼してしまっている場合はどうすればいいのでしょう?

弁護士・司法書士の対応に不満がある場合、依頼者側から委任契約はいつでも解約することができます。

すでに費用を払っている場合でも解約するまでの事務の内容に応じて返金してもらえる場合もあります。

弁護士や司法書士の業務内容についての相談は、

  • 弁護士→所属弁護士会
  • 司法書士→地方法務局

でできるので、上記のポイントに当てはまるのであれば、専用の窓口に相談しましょう。

話をした相手を解約するのは気が引けてしまうかもしれませんが、それで痛い目を見るのはこちらです。

普通の弁護士の方であれば、上記のことは一切当てはまらず、スムーズに問題を解決することができますので、今回の項目に少しでも当てはまるのであれば、一度窓口に相談してみてもいいかもしれません。

 

借金癖は治らない?直す方法はあるのか?

借金癖治らない直す

借金癖治らない直す

出典:www.omado.jp

世間一般的に、『借金癖を治すのは難しい』と言われています。

タバコやアルコールも一度ハマってしまうとやめるのは難しいと言われていますが、お金に対する意思はそれ以上に治すのが難しいとされています。

と言っても、完全に治すことができないという訳でもありません。

まずは借金が癖となってしまっている原因を理解し、そこから改善策を見つけていきましょう。

 

借金癖とは?

借金癖治らない直す

出典:https://upin.jp/

借金癖とは、繰り返し、繰り返し、お金を借りてしまう癖のある人です。

借金癖のある多くの人は、まずカードローン会社や他の消費者金融業者から借り初め、その返済に困って、親戚や友人から借金をしてしまうというケースとなっています。

借金癖がひどい人ですと、自分で働いて得た給料のお金と混同してしまい、境目が見えなくなってきてしまっている人もいます。

 

借金癖に悩んでいる人の声

借金癖治らない直す

出典:xn--n8j9lwb091r4i5a4x1b4kelue.net

借金癖に悩む人は多いです。

自分自信が悩むというより、身内に誰かが借金癖がついていて困っているケースのほうが多いようですね。

旦那の借金癖について。もし借金癖治った旦那さん、またはそういう旦那様がいらっしゃる方、(もちろんアドバイスいただける方も)お願いします。
先日旦那の財布から消費者金融のカードを発見しました。今回が初めてではなく、以前も消費者金融から借りていたことがあり、地道に返済していたんですが、子供が出来、結婚することになったので私が代わりに返済し、精算しました。額は60万ほどでした。その時の借り入れは色々な遊びに使っていたようです。今回はたぶんスロットやるためじゃないかと思います。浮気もあり得ますが(こちらも前科あり)。これから旦那と話し合い、どうしていくか決めようと思いますが、私は子供が小さいこともあり、離婚はせず、公正証書を作って約束事をさせ、それを破った時の為の離婚届けを書かせるつもりです。そこでお聞きしたいのですが、借金癖は治るものなのでしょうか?色々なサイト見ているとギャンブル依存は病気のため、借金も繰り返すとあります。やはり治らないものですか?
ある程度信用していただけにショックで、これからどうやって信用していっていいのかわかりません。もし治った方がいるんであれば、勝手に希望にさせていただきたいです。また、今回は許すにしても何か対策としてできることがあれば教えていただきたいです。(ちなみに通帳関係は全て私が管理しています)よろしくお願いいたします。

 

借金癖の原因は?

借金癖治らない直す

出典:https://upin.jp/

では、いったいなぜ繰り返し借金をしてしまうのでしょうか?

理由は人それぞれですが、『このチャンスを逃したら自分はきっと後悔する。今しかない』という衝動買いをしてまう傾向にある人や『今まで一生懸命に働いてきたのだから、これくらい買ったっていいんじゃないの』などの欲求を抑えることができない人が、借金癖となる可能性が高いようです。

もちろん、たまにそういった衝動買いをするくらいならいいのですが、度を過ぎた衝動買いを繰り返し、自分の身の丈以上のお金の使い方を繰り返していくと、お金を借りるという選択しかなくなります。

それが続いていくと、借金をすることに何の規制もかからなくなってきてしまい、次々とお金を借りてきてしまうのです。

身内の誰かに衝動買いをしてしまう傾向のある人は、借金癖予備軍なので、続かないように注意しておきましょう。

 

借金癖を治すには?治す方法はあるのか?

借金癖治らない直す

出典:www.beauty-hacks.info

お金という非常に強い欲求が絡んでくるので、お酒やアルコールをやめる以上に治すことが難しいと言われている借金癖。

しかし、いくつか有効な改善手段があります。

 

カウンセラーに相談する

借金癖治らない直す

出典:https://upin.jp/

借金癖は、一種の病気のようなものです。

自分だけで借金癖をコントロールしようとするのはなかなか難しいので、心療内科に行き、カウンセラーの人に悩みを打ち明け、適切な投薬治療を受けることで治ることがあります。

ただ、一時的に治ったように思えても、しばらくすると借金癖が戻っているというケースも多いので、定期的に通院する必要があります。

 

借金できない状態にしてしまう

借金癖治らない直す

出典:https://upin.jp/

もう一つは荒療治となりますが、強制的に借金ができなり状態にしてしまうという手段があります。

借金を整理する常套手段である債務整理を行えば、自己記録としてブラックリストに載り、少なくとも5年間はお金を借りることはできなくなります。

また、借金癖で借りてきたお金の返済ができない場合でも、債務整理を行うことで借金を減らせる可能性もあるので、こちらの方法が最も効果的かと思います。

 

債務整理で借金癖を治したいという人は、こちらのアドバンスという事務所に相談してみてください。

普通、弁護士に相談するには、相談料が必要となりますが、この事務所は初回30分無料

しかも、チャット形式で気軽に相談することができるので、ぜひお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓

 

借金癖は必ず治せるのでしっかり向き合いましょう

借金癖治らない直す

出典:lovecen.com

確かに、借金癖を治すことは難しいですが、しっかり向き合っていけば必ず治すことはできます。

ただ、一人でどうにかしようとするのは難しいので、カウンセラーか専門の弁護士に相談してみるのがおすすめです。

 

 

結婚後名前が変わったら債務整理をしてもローンは組める?

債務整理結婚後結婚したらローン組める

債務整理結婚後結婚したらローン組める

出典:www.pairs.lv

債務整理をすると、事故情報として名前が記録されます。

ただ、結婚後や養子縁組によって、債務者の名前が変わる場合がありますよね?

この場合、普通にローンを組むことができるのでしょうか?

詳しく調べてきました。

 

債務整理をしても結婚後、名前が変わればローンを組むことはできるようになるの?

債務整理結婚後結婚したらローン組める

出典:www.konkatsu-cherry.com

債務整理をした後、結婚して名前が変わればローンを組むことができるようになるのでしょうか?

そう疑問に思っている方がどうやら多いようです。

3年前に任意整理をしました。結婚して苗字が変わればカードはつくれますか??

(三井住友VIZA・丸井・プロミス・アコム・レイク等々・・・)
全て完済し、この秋に結婚予定です。

ブラックリストにのると、10年はクレジットカードは作れないと聞きますが、
結婚し苗字が変われば作れるようになるのでしょうか??
教えてください。
宜しくお願い致します。

 

では、実際のところどうなのでしょう?

結論からお話する前に、債務整理後、どのように自分の記録が債権者側に残るのかをお伝えしておきます。

 

債務整理の記録を理解する

債務整理結婚後結婚したらローン組める

出典:torapple.com

前提の知識として、債務整理がどのように記録されるのか理解しておきましょう。

消費者金融やキャッシングローンからお金を借りて債務の返済が困難となり、債務整理をしたとしましょう。

その場合、事故情報となり、債権者が情報を共有する信用情報機関に登録されることになります。

この登録情報がいわゆる”ブラックリストに載る”という状況のことです。

債務整理をした場合、通常5年程度信用情報機関に登録されることとなり、新たな借金や融資を受けることができなくなります。

 

お金の融資の照合手段として名前をつかう

債務整理結婚後結婚したらローン組める

出典:xn—-0euj1a3dvkkeq523aiy8azl8ds9l.jp

借り入れの申し込みを受けた消費者金融などの金融機関は、申込者を審査する場合の手段として氏名を利用し、過去の債務や返済状況を調査していきます。

なので、結婚して名前が変われば、債務整理の事故記録を把握できないように思われます。

事実、消費者金融業者やクレジットカード会社でも、旧姓の債務情報を調べられる提出書類免許証などの個人情報の提供がない場合、旧姓であった個人が誰なのか確実に特定できないというのが現状だそうです。

 

そう考えると、結婚後、名前が変わると、ローンの審査に通る可能性も考えられます。

しかし、残念ながら現実はそこまで甘くはありません。

一度、債務整理をして事故記録が載ってしまうと、例え、結婚後、名前が変わってもお金を借りるのは非常に難しいと言わざるを得ません。

 

名前が変わったとしても債務記録が消える訳ではありません

債務整理結婚後結婚したらローン組める

出典:xn--psso2y7wo.biz

やはり、結婚して名前が変わったといって、ローンが借りられるかと言うと、非常に厳しいでしょう。

消費者金融業者やクレジットカード会社にとって債務整理の事故情報は、自社の経営の根幹に関わってくる問題なので、非常にシビアに見ています。

自社やグループ会社の情報網を駆使して厳しく旧姓を調べ上げますし、借金の申し込み時に結婚で姓が変わったかどうかを問われる場合もあります。

結婚して名前が変わったからといって、債務記録がまで消える訳ではありません。

借金の審査の時点で旧姓が判明すると、事故情報は簡単に調べがつくので、やはり債務整理後、5年以内はローンを組むのは難しいと言えるでしょう。

 

債務整理後、ローンを組めるのは5年後からです

債務整理結婚後結婚したらローン組める

出典:xn--x0qz5cvz3dttq.net

結婚して名前が変わったからといってローンを組めるということはまずありません。

ただ、自己破産でなければ一生ローンが組めないという訳ではありません。

自己破産以外の債務整理であれば、通常5年経てば、通常の審査の基準に従ってローンの審査をしてもらえるようになります。

債務整理を選び、ローンを組む必要がある場合、5年待ってからローンの審査を受けてみてください。

 

債務整理をしようか迷っているのなら

債務整理は、借金の額を減らすことができる可能性があるので、魅力的な手段に思えますが、先ほどお伝えしたようにローンが組めなくなるというデメリットがあります。

なので、自分でどうするか決めるのは少々難しいのです。

債務整理をしようかどうか迷っているのであれば、こちらの事務所を利用してみてはどうでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓

 

こちらのアドバンスという事務所は、このようにチャット形式で気軽に相談することができるのが特徴。

チャット形式で気軽に相談することができるので、特に、借金状況を初めて相談するという人に人気の法律事務所となっています。

しかも、初回30分を無料で相談することができるので、まずは自分の状況だけでも相談し、今後どうするか聞いてみてはどうですか?

 

債務整理で損をしないために知っておくべき4つの注意点

債務整理注意点

債務整理注意点

出典:www.kuruma-sitadori.com

借金整理の常套手段となっている債務整理。

しかし、債務整理には以外と知られていない注意点がいくつかあります。

これを知らずに債務整理を行ってしまうと、思わぬトラブルに繋がりかねないので、しっかり覚えておきましょう。

 

債務整理をする上で絶対に知っておいてほしい4つの注意点

債務整理注意点

出典:www.dai-gaku.org

 

保証人の有無を確認する

借金をする際には必ず保証人(連帯保証人など)を要求されます。

この保証人とは、債務者本人が返済を怠った場合の保険なので、債務者本人が返済不能になれば、その後の返済は保証人の責任になります。

債務者本人が債務整理をすると、債務者本人が返済を怠ったということになるので、保証人に返済義務が生まれます。

しかも、この返済義務は分割ではなく、一括となり、保証人の大きな負担となります。

保証人がいるのであれば、相手に迷惑をかけないためにも必ず一緒に債務整理を行うようにしましょう。

 

口座振替にしていないか確認する

債務整理をすると、債権者である貸金業者に対する支払いはいったんストップとなります。

その間、『債務者に隠し財産がないか?』、『債務者がどれだけの借金を抱えているか?』などを調べる債務調査が行われます。

なので、債権者への返済を口座振替にしている人は、すぐに解除するようにしましょう。

口座を解除していないと、債務整理手続きをしたのにお金が引き落とされるという問題が発生するので、債務整理をする前に、使用していた銀行口座を解約するか、残高を0にするようにしておきましょう。

 

口座凍結に注意する

債権者が銀行の場合、債務整理をすると銀行口座が凍結され、預金を引き出すことができなくなります。

そのため、債務整理をする前に預金を引き出し、残高を0にしておきましょう。

債権者が銀行だと、支店を問わずに口座が凍結されるので、同じ銀行で違う支店の口座を複数持っている人は、必ず全ての口座から預金を引き出しておいて、口座を0にしておきましょう。

 

自己破産は本当の最終手段と心得る

“借金の義務から解放される”ということで、安直に自己破産を検討してしまいがちですが、その考え方は非常に危険です。

自己破産をすると、確かに借金の返済からは免れることができますが、同時に社会的信用を一切失ってしまいます。

金融機関からは一切信用してもらえなくなり、銀行口座の開設やクレジットカードの新規作成、金融機関からの借入ができなくなりますし、転職にも響き、仕事を見つけることが困難となる場合もあります。

借金から解放されるというのは、非常に魅力的に聞こえますが、その後、それ以上に辛い人生が待っている可能性もあるので、自己破産はあくまで最終手段で、なるべく他の手段で債務整理するようにしましょう。

 

借金で頭が回らなくなっているのなら・・

債務整理注意点

出典:any-stress.com

消費者金融やリボ払いの金額がかさんできて、借り入れたお金の支払いができず、毎月の返済でいっぱいいっぱいになってしまっている人もいるでしょう。

そのような状況になってしまったら、借金問題の法律に詳しい専門家に相談して、問題解決のきっかけを見つけることが一番です。

債務整理を行う際に、自分で何とかしようと思い、債権者と直接話し合いを行ってもスムーズに解決することは残念ながらほとんどありません。

時間と労力の無駄となって終わるので、個人でどうにかしようとすることはおすすめできません。

なるべく時間とリスクを抑えるためにも、司法書士や弁護士の方に相談し、間に立ってもらって解決することが一番の近道となるのです。

 

もちろん、司法書士や弁護士の方に相談するにはお金がかかるので、借金がある状態だと躊躇ってしまう気持ちはわかります。

ただ、中には無料で相談を行ってくれる事務所もあります。

こちらのアドバンスという事務所なら初回30分無料で相談を請け負ってくれます。

↓ ↓ ↓ ↓

 

また、このようにチャット形式で気軽に自分の状況を相談できるというのも魅力の一つ。

債務整理注意点

出典:http://advance-lpc.jp/

今まで借金のことを誰にも相談してこなかった人は、少々相談しづらいかと思いますが、チャット形式ということもあり、皆さん気軽に相談することができているようです。

借金がかさみ過ぎて、これから自分がどうしていくのがベストなのか悩んでいる人は、ぜひ一度こちらの事務所に相談してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

 

せっかく相談するならフルに活用したいので、一度自分の借金状況を把握してからのほうが良いです。

そうすれば、相手とのやり取りもスムーズに進みますし、無料の30分の内に有益なアドバイスを受けることができます。

そこで良さそうな方法が見つかれば、契約して借金を返済していきましょう。

諦めなければ必ず借金は返済できるので、まずは自分の状況を整理したり、専門家に相談するなど、行動することから始めていってください。

 

債務整理にはいくらかかる?債務整理に掛かる費用まとめ

債務整理 いくらかかる

債務整理 いくらかかる

出典:compmen.xyz

膨れ上がってしまった借金を返済することができなくなってしまった時によく取られる手段となっている債務整理。

『もうどう考えても返せっこない』というところまで行き着いてしまった人は、借金の金額を少なくすることができる債務整理を行うしかないでしょう。

ただ、通常債務整理を自分で行うことは難しいですから、弁護士などの専門家に依頼することとなります。

そこで気になるのが、債務整理を頼む時にいったいどれくらいの費用がかかるのかということです。

ただでさえ借金でお金がないのに、あまりにも高額な費用は払うことができないですからね。

債務整理を依頼する際に、いったいどのくらいのお金が必要となるのか調べてきました。

 

債務整理にもお金がかかる

債務整理 いくらかかる

出典:mama.woman.excite.co.jp

法律の知識がない人が債務整理を自分で行うことはまず無理なので、通常は専門知識のある弁護士に依頼することとなります。

そうなれば当然弁護士費用が必要となります。

“借金を減らすことができる”と、非常に聞こえが良い債務整理ですが、無料で行うことができる訳ではないと、心得ておきましょう。

では、いったいどのくらいのお金がかかることになるのでしょう?

 

債務整理にかかる費用をまとめてみた

債務整理 いくらかかる

出典:itmama.jp

債務整理を弁護士に依頼する場合、いくつかの費用が必要となります。

それがこちらです。

 

法律相談料

法律相談料とは、事務所で相談する度に必要となる費用のことです。

弁護士の人と話ができる時間は貴重なので、通常30分で5000円ほどの費用が相場となります。

中には無料相談のサービスを行っている場所もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

着手金

着手金とは、債務整理手続きに着手する際に払う返還されない費用のことを指します。

着手金の費用は手続きによっても異なります。

 

任意整理

1社あたりおよそ2〜4万円

 

自己破産

債務額や債務権者数で変動しますが、およそ20〜40万円

 

個人再生

住宅資金特別条項を利用するかどうかで費用が変わりますが、

  • 利用する場合・・・約40万円
  • 利用しない場合・・・約30万円

 

報酬金

報酬金とは、債務整理が終わった後に支払うお金のことで、こちらも手続きによって費用が変わってきます。

 

任意整理

任意整理の場合、基本報酬と過払い報酬が請求されます。

和解が成立した場合は基本報酬で、過払い金の回収に成功した場合は過払い金の20〜24%が過払い報酬となります。

また、減額報酬というものもあり、債権者が主張していた金額と交渉によって成立した和解金額の差額の1割を支払います。

 

自己破産・個人再生

自己破産と個人再生の手続きの場合、報酬金が発生します。

基本的には任意整理の報酬金と同額です。

 

日当

日当とは、弁護士が遠方の裁判所に出頭する場合に発生する費用となります。

 

債務整理を依頼する場合、以上の4項目の費用がかかることになるということを覚えておいてください。

 

そこで債務整理で実際どのくらいの減額になるの?

債務整理 いくらかかる

出典:kami-ikiiki.jp

債務整理で借金が減る場合というのは、主に借金の過払い金が発生している時です。

利息制限法を超える金利で返済を続けていた場合、本来返済するべき金額よりも多い金額を返済していることになりますので、この場合、借金総額を減らすことが可能となります。

どのくらい減額することができるかは返済期間や金利によって変わってきますが、違法な金利で長期間返済を続けていた場合は、当然ながら過払い金も大きくなってきます。

借金の減額を見込めますし、過払い金が戻ってくる場合もあるので、債務整理を依頼できるお金を用意することができるのであれば、ぜひ活用すべきと言えますね。

 

また、過払い金が発生しない場合でも債権者と交渉することで未払利息・将来利息をカットすることができます。

いずれの場合も専門的知識を持つ弁護士に依頼することで、借金の総額を減らすことができる可能性があるということになります。

 

債務整理はケースバイケース!まずは無料で専門家に相談してみてはどうですか?

債務整理は、その人の借り入れ状況などによって、どの手続きを選ぶべきなのか、そもそも債務整理を行うべきなのかが変わってくるので、一概に債務整理をすべきかどうか、ここでお伝えすることはできません。

債務整理をすべきかどうかの判断は、専門的知識を有する弁護士に自分の状況を説明し、それに基づいたアドバイスを受けるのが一番です。

『債務整理のアドバンス』という事務所では、初回30分を無料で相談することができるので、借金整理に悩むには大変人気のサービスとなっています。

 

このように、チャット形式で気軽に相談できるのも人気の理由の一つなんでしょうね。

債務整理 いくらかかる

 

どんな状況でも対応していただけるそうなので、借金が膨らみすぎて、債務整理をすべきかどうか迷っているという人は、まずは無料で専門家に相談してみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓